食事について

ワンちゃんの食事は人間の食生活と同様に栄養のバランスがとても大切です。健康状態、仔犬、成犬、老犬、妊娠期などワンちゃんの成長過程によってワンちゃんに合ったフードを選んであげることが大切です。

食事の回数ですが、3ヶ月程度までは1日3回。それを過ぎると1日2回でよいと思います。成犬になると1日1回でも大丈夫ですが、あまりの空腹状態で詰め込むわけですから、便がゆるくなってしまったり太る原因になってしまうこともあります。ですから成犬になっても(小型犬は特に)1日2回食事を上げることをお勧めします。

食事について

仔犬のときは水でフードをふやかして与えます。歯がいずくなり始める2ヵ月半~3ヶ月くらいの時期にフードを少しずつ硬くしていくと良いでしょう。カリカリのフードを与えることによって歯磨きの効果が得られます。6ヶ月位のワンちゃんによく見られる傾向として、急に今まで食べていたフードを食べなくなってしまうことがあります。フードを変えるべきかどうかよくご相談をお受けいたしますが、基本的にはフードを変えないことです。違うフードを与えると、きっとワンちゃんは喜んで食べると思います。ですが、きっとまた変えたフードに飽きてしまい、またフードを変えることになってしまい、最終的に缶詰や人間の食べ物など、味の濃いものしか好まない子になってしまう恐れがあります。

食べているフードに飽きてしまったのでしたら、フードを変える前に、フードをふやかして見たり、缶詰を臭い付け程度に混ぜてみたり、犬用のふりかけを使ってみるなどして、今のフードを食べさせる為の工夫をしてみてください。フードには様々な種類があります。選択に迷ってしまう場合はぜひ当店にご相談ください。


サイト内おすすめコンテンツ

Recommended Contents
パピーエデュケーション
テン・テンポイントカード
ビデオチャット
ホリスティックケアカウンセリング
DogsO2・酸素カプセル
各店ワンちゃん情報
ウェブカメラ
TVコマーシャル